日本ピアノ教育連盟の広報誌、2018秋号クラヴィアポストがリリース。

国際部便りに、9月にワルシャワで開催された『ショパン国際ピリオド楽器コンクール』についての原稿が掲載されました。限られた文字数の範囲で書きたい内容を選択しました。

第2位の川口成彦さんの演奏や、その他印象に強く残った演奏について、またモダンピアノ演奏家とクラブサン演奏家の違い、また、古楽器の専門家の聴くところについてなど、詳細を書きたいところでしたが、限られた文字数の中ではここまでとしました。

ご一読頂けたら幸いです!