京都は大文字焼きの昨日、デュオグラナット京都公演でした。

ご来場下さったみなさま、本当にありがとうございます♬

ポーランド関係の方々、特にタマラを紹介してくれた岩本恵理さんのママ、一緒に学んだ雅子さんや、千葉大附属小中の幼なじみのえみさんのお顔を見つけて、緊張がすーっとほどけていきました。

お友達や生徒さんたちや知っている方の応援は本当に心強いです!

HIROKOピアノサロンのFAZIOLI f308 は、想像以上のポテンシャルを持つピアノで、これまでにない響きを得られて幸せな体験でした。

低音の伸びがまったく違うのです。フルコンよりまだ長い低音弦によって、まったく未体験の響きを創り出すのだと思います。

サロンそのものは小さいながら、芳醇な響きが醸し出され、私達の身体がそれらの音を吸収する。。とでも言ったらよいでしょうか。

 

調律は。。もちろん越智晃さんにお任せです。いつものことながら、越智さんだからこその調整をして下さいました。

 

サロンの大野博子先生、ソプラノ野原広子さん、サロンを紹介下さった後藤さんに、タマラと私より心からありがとうございます!

そして。。。!!

すっぽんにあわびなど、創作料理の数々の打ち上げ。

う〜むむむと、うなるほどの美味しさでした。

そして。。。!!

やっと間近に見ることができた大文字焼き。

ご先祖様、ご無事にお帰り下さい、そしてまた1年後にいらして下さい。。。という送り火なのですね。

撮影:FineAllies株式会社 後藤英夫さん