1月18日と19日の終末、三善晃ピアノコンクール本選が開催されました。

今回で第9回を迎えます。

2年ごとの開催ですから、発足以来18年が経過したことになります。

各方面で活躍されて、重責を担っている先生方と共に審査し、若輩ながら今回は初めて審査委員長を務めました。

ゲスト審査員として桐朋から上野久子先生、ピアノ教本研究者の丸山京子先生、名古屋より細野先生をお迎えし、三善メソードアドバイザーから、仙台の庄司美知子先生、そして私という審査員メンバーです。

この2日間、Miyoshi ピアノメソード導入のチビちゃんの曲から、三善晃本来の作品であるピアノソナタ、アンヴェールまで聴いて、それらはかけ離れているようでいて、決してそうではなく、同一線上にあるということがわかります。

チビちゃんの曲は、難しいソナタのひとひらのリーフなのだと。。。

ようやくそのように関連性を持たせて聴くことができるようになりました。

そして。。。

嬉しいことに酒井祐輔くんが、第7巻部門で第3位入賞しました!

おめでとう(*˘︶˘*).。.:*♡

演奏したのは、第7巻から「すみれの恋」「くるみの冒険」。そしてハチャトリアン作曲「タンブリン演奏」。

この部門は競争率がことのほか高く、1位と2位受賞者は、このコンクール全体の総合第1位と2位でした。

それからすると、祐輔くんはとてもよく頑張ったと言えますね!

最近の祐輔君の演奏を聴いていると、誰に教わったでもなく、自らの心から湧き出る音楽を奏でられるようになったなぁ。。と感じます。

昨日は信之介くんが第5巻部門で健闘しましたが、こちらもまた出場者最多部門で、信之介くんは入選!

でもいいわ。いいことにしようっ!

本選に進めたことで、2度もコンクールで弾くことができて、それが上達のきっかけになるはずですものね。信之介くんもお疲れさま。プロコフィエフのタランテラもよく頑張りました。

他に田村さんの生徒ちゃんの桑田純ちゃんは、1曲部門で銅賞受賞。同じく小泉順子さんの生徒さんの神俊美さんも銅賞受賞でした。おめでとうございます!

ただし内情を明かすと、銅賞は、金賞と銀賞以外の出場者は全員もらえます。

2月11日(火)表参道パウゼで入賞者演奏会が開催されます。よろしかったら三善作品を聴きにいらして下さいね。🎶

楠原祥子