adam ginzaAdam Rozlach  アダム・ロズラフ

ポーランドを代表する国際音楽ジャーナリストによる

「第17回ショパン国際コンクールを語る」講演。

日時:3月4日(金)14:00  場所:駐日ポーランド大使館

ショパン国際コンクール、ヴィエニアフスキ国際コンクールなどの首席コメンテーターによるプライベート講演を企画しました。

ロズラフ氏が見たところの、第17回ショパンコンクールの最も輝ける才能たちは誰だったか。優勝のチョ・ソンジンはじめ、ケイト・リウ、エリック・ルー、イケ・トニー・ヤング等、アジア系の演奏のどこに彼は神秘と魅力を感じたのでしょうか。

Blisko-Chopin   Close to Chopin’s style、すなわち、ロズラフの考えるショパンのスタイルに近づいた演奏はどれだったか。

鋭い切り口で大いに語ってくれるはずです。 どうぞご期待下さい!
Truly happy to introduce you about a forthcoming lecture by Adam Rozlach, worldwide active classical-music journalist from Poland. Will be spoken who had the glow most exciting, and which performance was most Blisko-Chopin…Close to Chopin’s style on 17th Chopin International Competition. Seong-Jing Cho, Kate Liu, Eric Lu, Yike Tony –Young, Aimi Kobayashi, Luigi Carroccia or Olof Hansen?
web申込 https://www.fineallies.co.jp/

企画:楠原祥子  企画協力:青柳いづみこ
協力:ポーランド広報文化センター
案内作成:夏目恭宏
映像・web担当:後藤英夫 FineAllies株式会社