松本ピアノフェスティバルです!

新宿から『あずさ』に乗って、また松本にやってきました。

澄んだ空気がひんやりの松本、遠くには雪を抱くアルプス❄️が見渡せます。本当に気持ちが良いところ!

松本に来たら何はおいてもお蕎麦は食べると決めているので、まず駅すぐ横のお蕎麦屋さんに入って、山菜天ぷら蕎麦を注文。

うひゃ、その山菜天ぷらのボリュームったら!タラノメ、蕗のとう、タケノコなど信州の春の訪れを満喫しました。

松本キッセイ文化ホールへタクシーで向かいますが、今日は市内は混雑で、川沿いを右手に美ヶ原高原の山を眺めながら上ります。

いいなぁ、山が見えるって⛰!

さて、今日は松本ピアノフェスティバルの前夜祭。

Prof.Yves Henryイヴ・アンリ先生、玉置善己先生と私で、ヤングピアニストアワードを聴かせて頂いています。

オーディションで選ばれた11〜18才10人の優秀なヤングピアニストたちの演奏は、勢いが凄い!

誰もが上手いので点数がうなぎ登りです。

賞を出すにも頭を悩ませます。とにかくみんな上手いのですから!

選曲がいいなと感心する出場者もいます。バルトークの3つのチーク県の民謡、それに同じくバルトークのミクロコスモスからオスティナートを組み合わせる。

こういう組み合わせは、素晴らしい演奏効果を生み出します。

楽都松本のノージャンルピアノ音楽祭は、松本ピアノ協会の主催で、山本貴志、清塚信也、レ・フレールなど他の出演者もとてもユニークです。

企画力も勢いが凄い!

会長の猿田さん、副会長の津田さんともに精力的に活動を展開していて、ジャンルに縛られず、新しい感覚で人選をしています。

前夜祭オープニングは青島広志さんの抱腹絶倒ステージで大盛り上がり、藤田真央くんの華麗なステージで締めくくり。

打ち上げワインパーティは夜もふけるまで続きました🍻