10月29日(土)に母校の千葉大附属小学校の統合50周年記念コンサートで演奏させて頂くので、校長副校長先生と%e9%99%84%e5%b1%9e%e5%b0%8f%e3%80%80%e6%a0%a1%e9%96%80お会いしてきました。

「だいぶ変わったでしょう?」と校内を隅々までお二人でご案内下さり、授業中の子どもたちとも交流していろいろびっくりでした。

制服がないのはそのままですが、バリアフリーの教室は完全開放型で、廊下にはみ出して何かを組み立てている子供たちもいます。私たちも自由に出入りさせて頂きました。

そうだっ!!!私が通っていた頃は外廊下だった部分が、改築でこの廊下になったのね。

大木副校長 片岡校長先生と

大木副校長 片岡校長先生と

授業時間は20分モジュールで、クラスごとに長短あるからベルは鳴らないのだそうです。

「校長先生ーっ」っとチビちゃんたちが駆け寄って来ておしゃべり。こんなに距離が近いなんて私の頃には考えられなかったこと。「来週コンサートでピアノ弾くみんなの大先輩ですよー」と会う人みんなにアナウンスして下さるのも嬉しかったです。

私の生徒さんのアヤエちゃんもどこかにいるはず。。。

帰り際に校庭にある通称ラクダ山に3人で登ってみました。

このラクダ山について、びっくりな話を初めて片岡先生からお聞きしました!半世紀前、小学校の建築の際に出たたくさんの廃材を、校庭の一番奥の隅に集めて置いた(捨てたのかな???)ところに、土をかぶせてお山にしたのがこのラクダ山だとのこと・・・そうだったのねぇ。以前はもっと高かったような気がしていましたが、長年のうちに雨で土が流れて低くなってきたとのこと。いずれ中の廃材が見えてきたらタイヘン%e9%99%84%e5%b1%9e%e5%b0%8f%e3%80%80%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%80%e5%b1%b1%e9%a0%82%e4%b8%8a%e3%81%a7%e7%89%87%e5%b2%a1%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%a8です!

頂上の碑に片岡校長先生とタッチ!心が通ったひと時でした。

そうそう、これがとっても大切なこと!記念式典での演奏に推薦して下さったのは、我らが“チータ”こと、千葉動物公園副園長さんの高木淳子さんで、附属小の同窓会長さんです。同じクラスで学んだ仲!

“チータ”はそのネーミングの通り運動神経万能で、かけっこがものすごく速くて、それがただ速いだけでなく、フォームの美しさが“チータ”なのでした。ピアノも同じ。無駄のない美しいフォームも演奏のうちですよね。

当日はこの学校に通えたことを誇りに思い、みなさまへの感謝の気持ちを込めて演奏いたします。

 

千葉大学附属小学校統合50周年記念式典 記念演奏『演奏予定曲目』%e9%99%84%e5%b1%9e%e5%b0%8f%e3%80%80%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%80%e5%b1%b1%e5%b1%b1%e9%a0%82%e3%81%a7%e5%a4%a7%e6%9c%a8%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%a8

パデレフスキ:メヌエット

ショパン:子犬のワルツOp64-1、華麗なる大円舞曲Op.18

ザレンプスキ:グランド・ポロネーズOp.6