初めての上高地です。🏞

松本ピアノ協会の方々にご案内頂きました。

もうまったくの別天地。清らかに流れる水と、澄んだ空気と、雲が降りてくる山々と。

松本を出発して、武井さんの運転兼ガイドで、新島々を通って沢渡(さわんどと読む)まで行きます。武井さんはもうお仕事を引退され、今は私の友人の津田裕子さんにピアノを習い、合奏団で歌い、登山が趣味のオジサマ。

道の両側にせまってくる山並みに圧倒されているのは、どうも私一人らしい。。。

「ねぇ、いつもはこういう道は運転しないんでしょう?」と津田さんに聞くと、

ポカンとした表情で、

「へ?いつもこういう道を運転してるのよ。」

山は両側に迫ってくるし、トンネルの中は暗くてすれ違いがやっとだし、山だからけっこうくねくねカーブだし、曇りで雨がちだし。。。私にとってはかなりスリリングな道。松本の人たちはすごいなぁ。

さて、1時間半ほどで沢渡に到着。ここからはマイカーは乗り入れ禁止なので、バスに乗り換えます。

バスに乗ること30分ほどで、憧れの地、大正池に到着です。立ち枯れの木は近年少しずつ朽ちて姿を消しているそうで、残すところ数本でしょうか。

大正池〜田代池〜ウェストン碑〜河童橋までのハイキング。3kmほどを歩きます。

次々変化していく景色。本当に清らかに滑るように流れる水。雨が降ったりやんだり。突然落葉松の林が現れる。山の斜面を雲のこども(?)がふわふわと飛んでいます。

このすばらしさはとても言葉では言い尽くせません。。。

1時間ほどで河童橋に到着です。あぁ、これが梓川にかの有名な河童橋!

そして、橋のたもとの五千尺ホテルでランチ🍽 トロトロのビーフシチュー!ソースも驚きの美味しさです。由緒正しきホテルなのでしょう。ここなら泊まってみたいな、と思いました。

そして。。。何より格別だったのは、梓川べりで河童橋を眺めながら武井さんが沸かしてくれて飲んだコーヒー☕️ 最高でした❣️

次にはこの先1時間ほどの大正池まで行けたら!上高地といえば大正池とも聞くし、必ずや目指すことにしましょう。

あら、そう言えば、かの有名な上高地帝国ホテルはどこにあるのかしら?

「河童橋からは少し離れた林の中にあるの。これからバスで通るから見れるわよ。」

なるほどバスで横を通り過ぎました。あまりよくは見えなかったので、これもこの次のお楽しみに取っておきましょう。

 

楠原祥子