アンジェイ・ヤシンスキ先生と朝食のひと時。。。

ただ今ショパンコンクールinASIAの審査員長として来日中でいらっしゃいます。

「ショーコ、もうProf.でなくAndrzejと呼んで欲しいよ。」

有難いことに、しばらく前からそう仰って下さっていたのですが、尊敬の念が大きいあまり、口が勝手にProf.をつけてしまうのです。

「Hi Andrzej !」なんてどうやって言えましょうか。

ヤシンスキ門下の大ピアニストたち、つまりツィメルマンやヤブウォンスキは、親子かのように名前呼びしています。

それはもう当然といえるし、見ていてまったく自然。ツィメルマンは7歳にしてヤシンスキ先生に習い始めたのだし 、父と息子ほどの絆が2人の間にはあるに違いありません。

それは別として。。。今回またもそう仰って下さるので、ついに私は意を決して、

「アンジェイ!」

と景気よく言ってみたら。。。それもまたしっくりくるお人柄!

みんなに愛を与え続けるヤシンスキ先生。温かく、ユーモア溢れ、飾らず、そして今日も夢中になってポロネーズを語って下さったのでした。