連弾中のまりちゃんとパパ。

弾いているのは、「主よ、人の望みの喜びよ」。12月24日のクリスマスコンサートで弾きます。

合わせ中はそれはそれでいろいろあるらしいが。。。でもこの構図!うふふ、ご家庭での幸せをみる思いです。このファミリーの話はなにかと楽しく、なにかと笑えます。

音楽がこうしてファミリーにし・あ・わ・せ・をもたらすこと。

私のスクールのトップページにも書いているとおり、これこそが、音楽の道を歩んでいく途中の私の理想で、音楽することのし・あ・わ・せです。

こちらは実那子ちゃんとパパ。レッスンの後の一コマ。うふふ、この笑顔!いいですよね~。

前橋から千葉までパパの運転でレッスンに来てくれました!

ママによれば、こんな風にパパに甘えるのはごく珍しいそうですけど、とってもいいショット。

レッスンの後、秋色に染まった青葉の森公園の中にあるホールへ、まりちゃん、祐輔くん、実那子ちゃんとみんなでパスカル・ロジェを聴きに行きました。

小さい頃からパスカル・ロジェのドビュッシーの録音をずっと聴いてきました。ドビュッシーといえばパスカル・ロジェ。

なぜかこれまでライブで聴く機会がなかったのが不思議です。ようやく!ライブで聴くことができました。

いろいろなドビュッシーがあるのでしょうが、ロジェの演奏は紛れもなく一つの真髄と言えるのではないかと思いました。

晩秋の一日。よいコンサートがみんなで聴けて、これも音楽することのし・あ・わ・せ・ね!

楠原祥子