昨日は日本中の誰もが、「愛してる。。」という言葉を海老蔵さんに残して、旅立っていった小林麻央さんのニュースに涙した一日でした。

病に冒されたことは自分の人生を代表する出来事ではない。愛され、愛したいろどり豊かな人生を送ったのです、という言葉も心打つものでした。

人生の幕を閉じる寸前でもあんなに美しくて、凛としていられるなんて。。。

目の前の些細なことにこだわって、怒りを向けてしまうことがあるのを恥ずかしく思います。

麻央さんのニュースは、私の生徒さんにも妹が癌を患った姉妹がいるので、よけいに心に響きます。

さて。。。

生徒さんの活躍をこのところ綴ってきました。今日は久しぶりにレッスンに来た稲島早織さんです。

桐朋時代から幅広く活躍していた稲島さん。譜読みも早くて、たくさんのことをこなせる優秀なピアニストさんです。レッスンに持ってきたのは、ショパン英雄ポロネーズ。

これは難曲なので、もう少し丁寧に時間をかける必要がありそうです。

マエストーゾで。Her majestyとイギリス女王に対して使うように、日本語では何がぴたりとくるのかわかりませんが、威厳、誇り、そういった精神の持ち方でしょうか。

ソロとは別に、彼女は桐朋の先輩ピアニスト大石真裕さんに誘われてペアを組み、スメタナ「我が祖国全曲」連弾版のCDをリリースしました。これがとても話題をよび、レコード芸術でも準特選版に選ばれています。

そして今月京都で開催された、ザイラーデュオ主催の第10回かやぶき堂音楽コンクールのA部門で第1位!!すばらしいですね。

大石くんとデュオを組むとは思っていなかったので、私は最初聞いたときはちょっと意外でした。

やってみたら極めてしっくりきたそうで、相性のよいデュオだったということですね。私もまだ演奏を聴いていないので、聴ける時を楽しみに!

みなさまもぜひ応援下さいね。

ワタクシとタマラのDuoGranatも、応援よろしくお願いします!ポーランドでもコンサートしてきます。