ただ今モスクワでチャイコフスキー国際コンクールが開催中です。第2次予選が終わり、6名のファイナリストが選ばれています。

ご一緒にチャイコンをのぞき見ることにしましょう! モスクワのチャイコフスキー音楽院の美しい大ホールで行われています。 

  • まずのお勧めは、私が前から応援しているルーカス・ゲニューシャスの第1次予選です。研ぎ澄まされた音楽的感性の持ち主。超サラブレッド家系も理由の一つ?? モスクワ音楽院の大教授で先般他界されたゴルノスタイエワの孫でもあります。 

   バッハ平均律、ベートーヴェンソナタ3番、ショパンエチュードOp.10-2などの優れた演奏例としてぜひお聴き下さい。

http://tch15.medici.tv/en/performance/round-round-1-piano-2015-06-19-1900000300-great-ha

 

  • 今度は第2次予選のモーツァルト協奏曲から、ダニール・ハリトノフくんの演奏です。前回の優勝者ダニール・トリフォノフになぜか名前といいルックスといい似ていますね。16才、最年少のすごい才能! 

溌剌としたモーツァルト!

http://tch15.medici.tv/en/performance/round-round-2-piano-2015-06-25-1300000300-great-ha

 

  • もう一つ2次予選からの少し変わった演奏をどうぞ。

フランス人ルカ・デバルグの演奏です。ちょっとオタクな風貌。それに下手そうに弾きます。ぎこちない腕と手の動きもナゾ。20才になってからプロピアニストになる決心をし、パリのジャズグループでも活動中らしい。メトネルのソナタと、定番の!ラヴェルの夜のガスパール。

http://tch15.medici.tv/en/performance/round-round-2-piano-2015-06-21-2130000300-great-ha

 

  • 究極の曲芸的ピアノニスト、ドミトリー・マスレイエフの第2次予選もぜひ!

『死の舞踏』2種類聴くことができます。ダンス・マカーブル/サン・サーンス=ホロヴィッツと、トーテンタンツ/リストです。このリスト、スゴイすごい!一音たりともはずさず正確無比。この手の動き、こうやって弾くとこれだけ弾けるんだわ!盗めるものなら盗んでしまいたい。ハイドンソナタ、ラフマニノフのコレルリ変奏曲も聴く価値ありです。

http://tch15.medici.tv/en/performance/round-round-2-piano-2015-06-22-2130000300-great-ha

 ファイナルも間もなく始まります。今はファイナリスト6名がオーケストラとリハ中。楽しみにしましょう!