10月のワルシャワ!すっかり秋で紅葉が始まっています。

私の住んでるGoszczynskiego通りの秋

私の住んでるGoszczynskiego通りの秋

空港から外に一歩出た途端、もう冬に近い寒さにふるえて、迎えに来てくれたアンジェイの車に飛び乗りました。「やっぱりワルシャワの10月はもう寒いのね。」「夜になるともうマイナスだよ。」

ショパン国際コンクールには、このコンクールだけの代えがたい雰囲気があります。ショパンはほぼピアノ作品だけを書き、作品の規模はミニチュアで、テリトリーの狭い作曲家と言えます。それにもかかわらず、むしろ、だからこそと言うべきか、ショパン作品だけで一つの大ピアノコンクールが成り立っているという誇りがここにあるのでしょう。

 

ワルシャワフィルハーモニーホール

ワルシャワフィルハーモニーホール

会場のフィルハーモニーホールです。

昨日はショパン国際コンクール第2次予選の最終日で、3次予選進出者の発表がありました。20名が3次予選に進みます。

ポーランド3名、韓国3名、アメリカ3名、カナダ2名、ロシア2名、イタリア、ウクライな、クロアチア、チェコ、ラトビア、中国、日本各1名

フィルハーモニーホール1回のホワイエで、ポポヴァ・ズィドロン審査委員長

審査委員長ポポヴァ・ズィドロン

審査委員長ポポヴァ・ズィドロン

と、アルトゥール・シュクレネル国立ショパンインスティチュートNIFC所長が発表を行いました。

発表を聴く顔、顔、顔!

発表を聴く顔、顔、顔!

日本人は5名の中から小林愛美さん一人が3次へ進出。小林さんはすでに世界の主要都市でコンサートをしていて名前を広く知られていました。

今日は中休みの一日。

明日からの3次予選はどのような演奏が繰り広げられるか。ソナタを聴くことで、それぞれのピアニストの力がはっきり見えてくるはずです。

ショパンコンクール2次予選のステージ

ショパンコンクール2次予選のステージ