Buskoで開催されている、ショパン国際音楽祭にいつも来てくれるKrysiaのお宅にお邪魔しました。

彼女はBusko のスパのお医者さま。生まれはシカゴ。

ポーランドの情勢が悪かった80年代に両親がアメリカに移住して、シカゴで生まれ、ようやく国が安定して一家で帰ってきたのだそうです。

今はママと二人でブスコに立派な家を建てて住んでいます。二人で住むにはどう考えても広すぎるお家。将来開業するためにと、そのスペースも用意しています。

太陽がさんさんとあたり、お庭はママがガーデニング。パパは昨年亡くなり少しさびしくなりました。

チアシードとあんず🍑とフランボワーズのフルーツカクテルや、旬のベリー類、ケーキなどで心のこもったおもてなしをしてくれて感激です。

ピアノも弾くKrysia! 弾いてくれたのはレクオーナのマラゲーニャ。

アウグスト・ホフマンという、スウェーデンのストックホルムにあったピアノ会社の楽器です。こちらでは、日本ではお目にかかったことのないヨーロッパのピアノによく出会います。
ポーランドで友人のお宅に伺うと、感じることがあります。決して派手でもなんでもないけれど、とても心豊かに生きていると。。。ステキなことですよね。
楠原祥子