2015クリスマスプログラム表面(外側)まりちゃんは5歳。11月にピアノオーディションを受けて、審査員の先生方からの講評では、とても嬉しい言葉を頂きました。

「感心しました。」と書いて下さっていたのには、あぁ、こんなに小さいまりちゃんが人の気持ちに響く演奏をしたのだわ!と、心が潤いに満たされるように喜びでいっぱいになりました。

Ozの魔法使い楽譜さて、19日のクリスマスコンサートでは、まりちゃんはソロと、パパとの連弾で『オズの魔法使い』から有名な「Over the Rainbow 」を弾きます。

二人で弾いているところを見ると、レッスンなんて忘れてしまうほど幸せ感が部屋の中いっぱいになってしまうのです。

それはそれは心温まるひと時。。

音楽っていいな、と心から思えるひと時。。テーブル

しかしふと我に返って、ほのぼので満足してはイカン!と気持ちを引き締め、もう一歩いいものにしたい!より聴く人に訴える力のあるOver the Rainbowにできるはず、と思ってこんなことを提案しました。

 

♪♪~Someday I’ll wish up on a star and wake up where the clouds are far behind me…

この部分で、うんとピアニッシモにして、

♪♪~Where troubles melt like lemon drops away, above the chimney tops that’s where you’ll find me.

ここで期待感を膨らませて、伊達まりちゃんとパパ 笑顔

そして。。。

♪♪♪~Somewhere over the rainbow blue birds fly

ここで空いっぱいかかる虹の向こうにブルーバードが飛んでいる

伊達まりちゃんとパパ 真剣雨上がりの青空。虹をくぐるように、追いかけるようにブルーバードが虹と戯れている。。。

そんな光景が目に見えるかのようにって!