やりました!わいわい、まりちゃん。

ショパン国際コンクールinAsia全国大会小学1,2年部門で銀賞受賞!アジア大会に進出です。年末にバッハコンクールで藤田貴舟子さんが優秀賞受賞!に続いて嬉しいニュースです。

今日はまりちゃんはレッドドレスで登場。会場は新百合ヶ丘の昭和音大ユリホール。レッドは勝負の色というけれど、よくお似合い。それにきれいな音で、いい音楽をしている。音楽が旋律ラインから溢れ出るよう。

どうしても贔屓目に聴いてしまいがちですが、まりちゃんのすぐ前の女の子ちゃんも、コントルダンスをとても優雅に美しく弾いていましたから、よい演奏はやはりよいと聴こえるのです。

 

今日の全国大会に先立って、まりちゃんはヤシンスキ教授のレッスンを受講しました。

Andrzej Jasiński (pianista) – Wikipedia, wolna encyklopedia

https://pl.wikipedia.org/wiki/Andrzej_Jasi%C5%84ski_(pianista)

これは一大イベントです!

世の中は変わり、ツィメルマンを7歳から指導しショパン国際コンクール優勝に導いたアンジェイ・ヤシンスキ教授のレッスンを、小学2年のまりちゃんが受講できるようになったのです。

ところは池袋スタジオノア。1月5日(土)のことです。

狭いスタジオに、ヤシンスキ先生、伊達パパとママ、まりちゃん、私の総勢5名がひしめき合うようにピアノの周辺に立つか座るかして、どうにかおさまりました。

さぁ、ではスタート。

「今日は何を弾くのかな?あぁ、このワルツだね。この曲の他に何を弾いているのかな。バッハとか、練習曲とか、なんでもいいからこれ以外の曲を弾いてごらん。」

「シ~ん」

まりちゃんは必死にママや私に助けを求め、すがる眼つきをするも、私たちもなす術なし。

「いえ、あの、いつもはこの曲以外に、チェルニーとか、バッハとか、えぇーとそれからスケールとか分散和音なども弾いてます。」とフォローにまわる私。

「そうか、それはいいね。ではバッハ弾いてごらん。」

「シ~ん」

「じゃ、スケールなら弾けるね。どうかな。」

「(まりちゃんの手は、むなしく鍵盤上を右往左往する)」

「なんでもいいのよ、C-durでいいから。ドレミファソラシドよ。(と叫ぶわたくし)」

「(右往左往。状態変わらず)」

穴。穴。あれば入りたい。

「じゃ、E-durがいい。一番らくにきれいな手の形で弾けるスケールだからね。」

「(まりちゃん、頑張って両手でミから弾こうとするも、こんがらがってアウト。)」

「こうだよ。次の指はこうやって黒鍵を弾くんだよ。」

「ミ~ファ♯~ソ(まりちゃん、果敢に挑むもソは黒鍵からずり落ちる。)」

失神しそうな伊達パパとママ。

イカン。。。。

どう考えてもこんなことではいけません。

「じゃ、今度はこれをまねしてごらん。(ヤシンスキ先生弾き始める。)ドレミファーーソファミレーー~、これは中でいちばん単純な頭の体操練習だよ。」

出ました!恐怖の頭脳トレ、ヤシンスキメソード。

それはどのようなものかというと、ハ長調のオクターブのポジションから始める頭脳トレで、右手がリズムをつけて先行し、左手が違うリズムで追いかける。その他様々な、100通り以上の複雑なリズムと音の組み合わせを使った、超絶思考力養成『音階遊び』です。

「ドド、ド、どれ、ドドーー」(まりちゃん、ぜんぜん出来ない。)

「違うでしょ、右からでしょっ(ほとんど金切り声のママ)」

それでもあきらめずに、まだ続けるヤシンスキ先生。なんて有難いことでしょうか。

「ドレミ、次っ、左手っ、ほらっ、すぐよっ、今度は右っ!」(と、これまた金切り声のわたくし)

「よし、それでは今度は即興をやってみよう。いいかい、僕に続いてごらん、メロディしりとりだよ。」

ミレドレミソミ~

「どんなモチーフでもいいんだよ。続けてごらん。」

「・・・(また必死にすがる眼差しをわたくしたちに向けるまりちゃん。指はまったく動かず。」

それでも少しも手をゆるめないヤシンスキ先生。

ソーミソファラソ~

「続くメロディはこんなのどうかな。」

シラソレミレド~

さすがにあきらめて、ひとりメロディしりとりを始めたヤシンスキ先生。

イカン。

わたくしの指導に大いに責任ありです。

「じゃ、こんな即興はどうかな。鳥のさえずりをやってみようか。まねしてごらん。」

バスの音をベースに、短いトレモロ状の鳥のさえずり♬♬♬♬♬~を弾かれる先生。対するまりちゃんは、

「シ~ん」

またもや、ひとりで2匹のさえずりを弾くしかないヤシンスキ先生。

いえ、よく解釈すれば・・・

こうやるんだよ、とサジェスチョンして下さっているのです。いつかはこうできるようになるんだよ、と。

「それじゃ、ワルツにいこう。弾いてごらん。」

はぁ、やっとワルツ。もうすでにレッスン時間の半分は過ぎています。

まりちゃんが弾いたのは、ショパンワルツヘ短調Op.70-2。

「ブラボー。これはとてもいい。自然で濁りのない澄んだきれいな音だね。自分の音楽だ。ブラボー。」

まりちゃんの名誉のために言うのですが、まりちゃんはこのところ、自分の音楽ができるようになったと私も思っているのです。ヤシンスキ先生も、まりちゃんの手から、体から流れ出る、自発的な音楽を褒めて下さっているのです。

細かい奏法について、装飾音の合わせ方、流れをもっと持たせることなどのアドバイスも頂きました。

さらに。。。

「ここのバスを弾いてごらん。メロディとバスだけで弾いてみよう。できるかな。」

まりちゃん、これはパーフェクト!

「じゃ、今度は右手のメロディと、左手の2,3拍の和音だけひいてごらん。」

これもパーフェクト!

なにせ、レッスンで一緒によく練習したのです。やっておいてよかった。

ヤシンスキ教授がされるレッスンは、このコンクールで賞を取るためではない。ショパンのワルツを通じて、ピアノの奏法を知り、素質を伸ばし、将来に渡って奏でる音楽の質を上げるためのレッスンです。

「コンクールではこれまでの弾き方で弾くのがいい。今日の僕の注意は、将来に生かせばいいよ。」

そう仰ってまりちゃんを送って下さったヤシンスキ先生。

まりちゃんは、ヤシンスキ先生からたくさんの未知の音楽を吸収できたはずです。

その日全部のレッスンを終わってから、先生と小早川朗ちゃんとわたくしと3人で、池袋のデニーズでなんと11時前までおしゃべりしてしまいました。びっくりするほど、アッという間に時間がたちました。

突然先生が「今何時になる?僕は11時に娘とスカイプする約束だったよ。」

「えっ!? すぐ行かなくちゃ。」とあわてて目白のホテルへ3人で向かいます。

途中、階段があると私の重たいカートを必ず持ってくださいます。

「いいんです、いいんです、大丈夫です。自分で持ちます。」とわたくし。

「女性の、いいです、いいです、というのは、実はまったくウソだとよく知ってるよ。」と先生。

なんてよくご存じ!

ホテルに到着して、ここでまたさらに騎士道精神を発揮するヤシンスキ先生。

お別れしようとすると、

「男性が送るべきなのに、きみたち女性二人に送ってもらったのではかっこうがつかない。だから僕がまたせめて改札まで送るよ。」

えっ、それではお送りした意味が。。。

「いえ、もうなんでもいいからお部屋でスカイプをなさって下さいっ。」

そしてやっとお部屋に上がって行かれたのでした。

楠原祥子