台風近づく雨降りの表参道。

今日はピティナピアノコンペ表参道地区の日。この会場の申込みの激戦で、毎年申し込み開始後わずか3時間で埋まるそうです。伊達パパはお忙しいお仕事の合間に、ママの号令を忠実に実行すべくPCの前に居座って申込成功!

さてまりちゃん(小1)、昨年のリベンジを誓って臨みました。

4番目の演奏。リゴドンも3どのワルツも音楽的でしかも明解な演奏。うん、これなら今回はゼッタイ大丈夫!

これで通らないことはないはずだけど、仮に番狂わせがあったとしても、悲しむ必要なし。この方向でいい!

昨年はママから通過ならずの報を聞いて、えっ?!と目の前が暗くなり、油断の戒めを心に命じたのでした。それだけに今回の予選通過は、挫折後にまた立ち上がって強くなれたと感じられて、嬉しさもひとしおです。

もう一つ嬉しかったこと。

私のところに来て間もないあいりちゃん(小1)のことです。コンペ初挑戦です。

5月末の予選一回目では、思っていたより審査員全員の点数が悪く、予選通過できなかったことはともかく、これはいったいどうしたことかと思いました。

それからあいりちゃんとママはとても努力したのです。

別の予選会場に聴きに行き、同じ部門の子たちのレベルや演奏をつぶさに聴いて刺激を受け、あいりちゃんは驚くほど2曲とも上達したのでした。

百聞は一見にしかずとはこのこと、私の指導よりはるかに功を奏しました。

聴きに行くべしっ!と命じたのはワタクシですが。。。

最終的に予選通過はならなかったけれど、2回目の目標、審査員全員が8点以上をつけてくれる演奏をすること、これを見事にクリア!えらかったです。

中学生のまゆこちゃんは、目下必死に2回目に向けて練習中です。手ごたえを感じているところ。もう一歩突き抜ければね!

楠原祥子