びっくりした! 河合将希くんのショパン

私のスクールの可愛いちびちゃんのうちの一人、マサキくんは4歳。私のコンサートにママと聴きに来てくれました。

それだってスゴイことでしょう?だって4歳になったばかりで、「ショパンの手紙読みながら~」コンサートに来てくれたなんて。ちゃんとしずかに聴いてくれて!

きれいなブーケを下さったのです。カードが添えられていて、そこにはまさきくん作の真っ赤なショパンくんが!!!

まさき画伯、将来はドラクロアかと見込んじゃうほどです。だって目に飛び込んで来たもの。真っ赤だからではなくて訴える力がある。表現力なのよね!

びっくりしたのはなぜかと言えば。。。。

まさきくんは宿題で、ミッキーの本で♪を書く練習をしている。このところ格段の進歩で、すごく音符の丸がきれいに書けるようになってきました。

最初は、宿題を見ると、んんん?そうかぁ、まだ鉛筆をにぎるのだってかなり大変なんだ、と思うほどはみ出まくっていて、それもびっくりだった。

レッスンに来ると、それはそれは元気よく、

「しょうこセンセ、こんにちわあ。マーくんねぇ、きょうねぇ、にてしゃできた」

「なぬ?(なんて言ったんだろ?←心の声)」

「じてしゃできたっ!」

「(あ、自転車かも←ひらめく!)ほんとぉ!すごいね、自転車で来たんだ!」べんが 006 の補正

「うん。それでねぇ、ねこちゃんいたよぉ。」

「あれ、うちのベンガ出てきた?まさきくんにご挨拶したかったのよ!」

横でママはニコニコ。

さてレッスン開始。リズムたたき。カスタネットを持ち出して、私と一緒に声に出しながらたたく。これはかなりいけます♪

次は歌。ど~れ~み~ど~し~ら~。ど~み~そ~。そ~ら~そ~。いつのまにか絶対音感が身についたのか、すごくきれいな音程で歌う。じょうず♪

次は音符カード。「この音なにかなぁ??」と言ってピアノで弾くと、かるたみたいに並べたカードから、ちゃ~んと正しく取ってくる。でもこれがなかなかの知能犯。そっと裏をめくって、ひらがなで大っきく書いてある音名をのぞき見したりして。こらっ!

「じゃ、弾いてみようね。」

「うんっ!」

右手はいい音で弾けるようになってきました。左手はこれからね・・・!

こうしてレッスンが進みます。ほんと、可愛いまさきくん!!